口内炎

口内炎

口内炎は、出来てしまうと中々治らないですよね。原因、治し方、舌炎、薬、病院、食事、アフタ性口内炎について書いていきます。口内炎は、早く治療するほど治りやすいですよ。

口内炎

口内炎は、口の中に出来た腫瘍です。
口内炎でもアフタ性口内炎が多いのですが、小さいくせに結構痛いんですよね。

食事の時なんかしみてきて、まともに食事を楽しむ事ができません。

そして、病院へ行っても中々治らない事が多いですよね。

まずは、原因を知って、効果の高い治療をしていきましょう。

口内炎の原因

口内炎の原因には、大きく分けて2つあります。

一つは、口の中を噛んだり、食べ物などで、傷つけたりしたところに細菌が繁殖して口内炎になるものです。

二つ目は、口の中で潰瘍が出来、そこに細菌が繁殖したものです。

二つ共に、だ液が十分だったら、だ液によって細菌が洗い流され、口内炎になる前に傷が治ります。

元々、口の中の傷は治りやすいのです。

しかし、ストレスや疲れなどで、だ液の分泌量が減っている時に傷や潰瘍が出来るとそこに菌が繁殖して口内炎になってしまうというわけです。

つまり、だ液が少ない人は口内炎になりやすいとも言えますね。

また、口内炎は、口の中ならどこにでも出来ます。

舌に出来る口内炎もあって、これは痛いです。

舌ガンの初期症状と酷似しているので、2週間以上治らない場合は病院で受診される事をおすすめします。

口内炎の治し方

口内炎の治し方ですが、薬を使用するといいです。

しかし、病院で処方される薬では治らないとよく言われる方が多いです。

それは、効果的な方法で治療用の薬を使用していないからです。


病院で処方される薬には、飲み薬と塗り薬があります。

飲み薬は、ビタミンB2が主としたビタミン剤です。
これは、「ビタミンB2が不足してなった口内炎」には有効ですが、その他の理由でなった口内炎は治らないでしょう。

塗り薬は、ステロイド剤が多いです。
軟膏タイプ、貼るタイプ、スプレータイプとあります。

しかし、この塗り薬は、痛みを和らげるという対症療法です。
これでは、病院の薬を使用しても、痛みは引きますが、口内炎は中々治らないと思います。
根本的に口内炎を治すには、この塗り薬をする前にしておきたい事があるのです。

それは、「うがい薬や洗口液でブクブクうがいをする」事です。
ただし、殺菌成分入りに限ります。
この殺菌力で、口の中の細菌の繁殖を抑制する事が大事なのです。

塗り薬を塗る前にうがいをすると、効果的に口内炎の治療をする事ができます。

歯医者さんでも、リステリンやモンダミンでくちゅくちゅすると早く治るよと言われますが、殺菌が有効という事なのでしょう。

アフタ性口内炎の治療

口内炎でも、アフタ性口内炎になる人が多いのですが、この口内炎は、小さい割に痛みが強いんですよね。
オレンジジュースなどの酸味のある飲みものも、相当しみます。

そんなアフタ性口内炎だと、うがい薬や洗口液は、刺激が強いですよね。
早く治したいアフタ性口内炎ですが、治療とは言え、しみて痛いのも嫌なものです。

そんな方には、口内炎パッチ大正Aをおすすめします。
これは、貼るタイプの口内炎用治療薬です。

患部を保護するので、食事や飲み物の刺激から守る事ができます。
そして、口内炎パッチ大正Aの有効成分がだ液で流れる事もありませんから、治りも早くなるという仕組みです。
口内炎パッチ大正Aは厚みも薄いので、付けていることを忘れるくらい気にならないそうです。

しみないし、即効性も期待できる口内炎パッチ大正Aを試してみてもいいですね。


SEO

口内炎に良い食事

口内炎に良い食事は、消化が良く、栄養バランスのいい食事がいいでしょう。

粘膜を保護する食べ物は、ほうれん草、小松菜、にら、にんじん、うなぎ、レバーです。

また、粘膜を増強、歯茎や口周りの健康を保ちビタミンCを多く含むレモン、グレープフルーツ、みかん、キウイ、イチゴ、ブロッコリー、ピーマン、大根、ジャガイモなどを使った食事がいいでしょう。

レシピとしては、例えばおかゆ、茶碗蒸し、卵豆腐、納豆ご飯、オムレツやかに玉、ポテトサラダ、ほうれん草の卵とじ、カレイのから揚げピーマン添えなどがあります。

でも、酸味があるものや刺激があるもの、熱いものなどはしみるので食べにくいですよね。

無理せず、ビタミン剤などで栄養を補うのもいいでしょう。



簡単!口内炎対策 薬を使わず予防し痛みを緩和する方法

口内炎 トップへ戻る
住宅ローン