爪水虫 市販薬

爪水虫 市販薬

爪水虫用の市販薬で、ランキングにも登場するおすすめ塗り薬を紹介します。水虫の治療は、病院へ行くと飲み薬を処方されますが、副作用が心配ですね。通販で手に入り、自宅で簡単に治療できる市販薬です。

ヤフー通販ガイド > 爪水虫 市販薬

爪水虫用の市販薬

爪水虫用の市販薬って、店頭で見ないですよね。
近くのドラッグストアに行っても見つけられなかったので、店員さんに聞いてもやっぱり置いてないという回答でした。

皮膚科などの病院で治療すると、飲み薬が処方されるそうです。
でも、肝機能低下という副作用がありますので、肝機能に障害がある方は使用できませんし、できれば副作用もないほうがいいですよね。

それに病院へ行くわずらわしさより、自宅で簡単に治療できる通販があれば便利ですね。

そこで通販で市販薬を探すと、普通の水虫用の薬はたくさんありますが、爪水虫に特化した薬はやはり少なかったです。

でもその中で、ランキングにも入り、口コミでも評判のおすすめ塗り薬を見つけました!

それは、

爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

です。

アメリカの市販薬で、アメリカネイルサロンで一番良く使われているほど、人気があるそうです。

そもそも、普通の水虫薬に比べて爪水虫用の薬が少ないのは、爪が薬を弾いて、水虫の原因菌である白癬菌に届かないからなんだそうです。
薬が白癬菌に届きさえすれば、爪水虫も簡単に治せるのですが、爪の下まで有効成分を届けることが難しいので、中々爪水虫用の薬が少ないということのようです。

でも、このドクターG’Sクリアネイルは、それをクリアすることに成功しました。

有効成分であるトルナフタートが、爪の中まで浸透する技術で、ちゃんと届けたい部分(白癬菌が潜む場所)まで届いてくれるんです。

気になる副作用も飲み薬に比べて少なく、アルコールを使用していませんので、すぐ乾いたりしないので、じっくりと浸透していきます。

塗ってから10分ほどで乾きます。

また通販で届く際は、無地の箱で届けてもらえますので、中身が何か悟られずに済ますので安心ですね。


SEO


爪水虫用の市販薬の使い方

爪水虫用の市販薬の使い方ですが、1日2回、患部の爪の上からと爪と皮膚の間に塗るだけです。

爪水虫の症状として、爪と皮膚の間に白くボロボロとしたカスが溜まっていきます。
それを取り除いてから塗ったり爪をやすりなどで薄く削っておくと、有効成分がより浸透しやすくなり効果的だそうです。

また、その浸透力の高さから、マニキュアの上からでも使えるのですが、マニキュアを落としてからの方が、効きそうだという口コミもありました。

そして一番大事なのが、普通の皮膚の水虫も同時進行で治療していくということです。

爪水虫は皮膚の水虫からうつって出来たものですから、せっかく爪水虫の治療をしていても、いつまでたっても皮膚の水虫からうつってしまうからです。

この際、普通の水虫は普通の水虫用の薬で治していきましょう。

2~3週間くらいで症状がだんだん良くなってきて、早い人で2ヶ月、病状の進行具合によっては、6ヶ月かかることもあるそうです。

薬を塗っている間に爪が生え変わったら、完治ということになります。

長期の治療になりますが、その症状が改善していくのを励みにして、完治まで頑張って治療していきましょうね。


おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ

爪水虫 市販薬 トップへ戻る
住宅ローン